概要

■名称 公益財団法人鹿児島県文化振興財団
■主たる事務所 〒892-0816 鹿児島市山下町5-3 宝山ホール(鹿児島県文化センター)内
■基本財産 12億1千万円
■設立年月日 平成6年1月12日
■役員等 会長:三反園 訓 / 理事長:稲盛 和夫 / 理事:14名 / 評議員:10名 / 監事:2名
■財団管理施設 当財団は次の施設の管理運営を県から受託しています。
財団の管理する施設の写真をクリックすると、それぞれのホームページが開きます。
宝山ホール(鹿児島県文化センター) 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
http://www.houzanhall.com/
霧島国際音楽ホール(みやまコンセール) 霧島国際音楽ホール(みやまコンセール)
http://www.miyama-conseru.or.jp/
霧島アートの森 霧島アートの森
http://open-air-museum.org/ja/
上野原縄文の森 上野原縄文の森
http://www.jomon-no-mori.jp/
■設立の趣旨

財団は、県民の多様な文化活動を促進・支援するため、各種の文化振興事業を展開することにより、鹿児島県の文化活動の一層の活性化と個性豊かな文化の薫り高い地域社会づくりに寄与することを目的として設立されました。
この目的を達成するため次のような事業を行うこととしています。

1. 文化芸術の振興に関する事業
2. 文化芸術活動への支援・助成・育成事業
3. 鹿児島県から受託する施設の管理運営に関する事業
4. 利用者サービス事業
5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

■財団が実施する主要な事業 1. 自主事業
(1)コンサート事業(県文化センター、霧島国際音楽ホール)
(2)芸術展覧会事業 (霧島アートの森)
(3)文化財保存活用事業(上野原縄文の森)

2. 助成事業
(1)「わがまち文化劇場」事業費助成金
(2)芸術文化活動支援助成事業
(3)伝統文化の保存・継承に係る助成事業

3. 県受託事業
■沿革
平成 6年 1月 財団法人鹿児島県文化振興財団設立
平成 6年 7月 霧島国際音楽ホールの管理運営受託
平成 8年 4月 県文化センターの管理運営受託
平成12年 10月 霧島アートの森の管理運営受託
平成14年 4月 上野原縄文の森の管理運営受託
平成18年 4月 四施設の指定管理者として県指定
平成24年 4月 公益財団法人鹿児島県文化振興財団へ移行
平成25年 4月 埋蔵文化財調査センター 業務受託
■組織 組織図